« オリジナルがよみがえったら・・。 | Main | Orchestral songs »

2006.01.02

DVDになってくれるんだろうか・・。

2日になっていますが
新年初めての投稿なので・・
明けましておめでとうございます

今年も”メインは、BBCso”とBBC交響楽団を
よろしくお願いします。

さて・・
BBC交響楽団の今年初めての定期公演は
毎シーズン恒例のJanuary Composer Weekend。
今年は、エリオット・カーターさんを取り上げます
日本時間では・・14日から。

今回の記事の中心は・・
その話では、ありません。

BBCミュージックマガジンの2006年1月号や
BBCミュージックマガジン公式サイト
映画”コヨーテ・アグリー”に出演したアダム・ガルシアさんの
公式サイトここを参照によると
BBC交響楽団がオスモ・ヴァンスカさんの指揮の元で
ストラヴィンスキーの春の祭典を録音したそうです。
でも、それは、CDになるというわけではなくてストラヴィンスキーの
”春の祭典”をめぐるドラマのためのようです。
ただ一つだけ確実なのは、BBCテレビのチャンネル2で
来月18日放送になるという事。
この作品も以前書いたサー・アンドルーとの
エルガーの
エニグマ変奏曲をめぐるドキュメンタリーと
フルパフォーマンスの件のように
ココ
DVD化されたらいいなと思います。
そのドラマ自身にも興味はあるけれど
今回の場合、特典映像でもいいから
BBC交響楽団の演奏シーンが見られたらいいなと。

アダム・ガルシアさんと言えば・・。↓


|

« オリジナルがよみがえったら・・。 | Main | Orchestral songs »

BBCso.のニュース」カテゴリの記事

Comments

早速のお返事ありがとうございました。やはりBBCテレビを確実に見ることは難しいのですか。
ヴァンスカがBBCSOを前から振っていたとは知りませんでした。教えてくれてありがとう。
ところで彼のシベリウスのCDをまだお持ちでないのでしたら、naxosのHPから登録すると試聴ができます。無料でも全演奏時間の1/4が、年間20ドル弱払えば、Naxos, BIS, Marco Poloのほとんど全てのCDについて全曲比較的良い音質で聴くことができます。BISが提携されていて同じサービスが得られることがミソです。BISはご承知のように価格が高めですから、これで購入前に試聴するのはかなりお薦めです。HPからcomposersのところでSiberiusを選び、complete symphoniesのところにあるのがヴァンスカのCDです。御存知でしたら、失礼しました。

Posted by: stanford | 2006.01.04 at 12:21 AM

明けましておめでとうございます。
ヴァンスカ氏とは、BBC交響楽団は
以前から共演しているんですよ
去年のプロムスでも今シーズンもあります。
サー・ジョンのシベリウスが大好きな自分ですがまだ彼のもの(CD)は、持ってないんですけどね・・。
それと、BBCテレビの方の場合は・・
ラジオの場合と違って確実に見られるという
方法はないんですよ。
ネットでも・・。
だからサー・アンドルーとのエルガーのように
DVDになることを期待してるわけで・・。

Posted by: dokichi | 2006.01.03 at 11:40 AM

明けましておめでとうございます。
ヴァンスカ氏はシベリウスの交響曲全集などが好例ですが、過度の演出がなく、かといって淡白でもない素敵な演奏を聴かせてくれるため、私の大好きな指揮者の一人です。彼がBBCSOと共演とは大変興味がわきます。BBCテレビのチャンネル2で来月18日放送とありますが、これどうしたら日本で見ることができるのでしょうか。ちなみに自分衛星放送とかには残念ながら加入していません。

Posted by: stanford | 2006.01.03 at 12:41 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16765/7968694

Listed below are links to weblogs that reference DVDになってくれるんだろうか・・。:

« オリジナルがよみがえったら・・。 | Main | Orchestral songs »