« ラフマニノフ♪ | Main | 1番の注目は、展覧会の絵でしょう〜 »

2005.05.02

あまりに遅すぎますが・・見逃さないでね

今年のBBCプロムスのプログラムが
明らかになった時期ですが・・
”ようやく”去年のラストナイトが
BS2で今週のクラシックロイヤルシートにて
放送になります。

(5月7日午前0時30分から〜)

プログラムは・・。
1.ドヴォルザーク  
  ”Overture 'Carnival' 序曲”謝肉祭”

2.R.シュトラウス
  Horn Concerto No. 1
  (ホルーン協奏曲第1番)
  ☆David Pyatt (デヴィット・パイアット)

3.ヴォ−ン・ウィリアムス
  Five Mystical Songs (5つの神秘的な歌)
  ♪Sir Thomas Allen (サー・トーマス・アレン)

4 サミュエル・バーバー
  Toccata festiva (祝典トッカータ)☆☆

休憩

5.サー・マクスウェル・デイヴィス
  Ojai Festival Overture (序曲オーハイ祭)

6.プッチーニ
  Madam Butterfly- Humming Chorus
  (蝶々夫人から・・Humming Chorus )

7.ロジャー&ハーマンスタイン
  オクラホマ!から”美しい朝”♪

8.コール ポーター
  ”独身時代はいずこ ♪

9.ギルバート&サリバン
  喜歌劇「ミカド」 から
   いつの日か、事が起これば

10.スーザ
   Liberty Bell - march
   (自由の鐘・マーチ)

11.エルガー
   Pomp and Circumstance March No. 1
   行進曲”威風堂々第1番

12.ヘンリー・ウッド作曲、ジョン・ウィルソン&
   スティヴ ジャクソン編曲
   
   Fantasia on British Sea-Songs
   イギリスの海の歌による幻想曲

13.パリー・作曲エルガー編曲
   Jerusalem
   ”エルサレム”

14.Traditional(編曲・ヘンリー・ウッド)
   イギリス国歌

15.Traditional
   Auld Lang Syne
   (蛍の光)

レナード・スラトキン指揮
BBC交響楽団
BBCシンガーズ
BBC Symphony Chorus

ソリスト
Sir Thomas Allen(バリトン)
Simon Preston (オルガン)
David Pyatt (ホルーン)

ソリストについて・・
サー・トーマス・アレンさんは、
エリザベス女王即位50周年記念コンサートで
BBC交響楽団と共演した事があります・
CDやDVDで確認できますよ・
イギリス生まれです・

サイモン・プレストンさん
1938年生まれのオルガン奏者にして指揮者
スラトキンさんとは、セントルイス交響楽団でソリストとして
録音を一緒にしてグラミー賞にノミネートされたことがあるようです
イギリス生まれ


デヴィット・パイアットさん・・
ロンドン交響楽団のホルーン奏者でもある彼は
1988年度のYoung Musician Of the Yearになった人です
イギリス生まれ。

去年のラストナイトのソリストは、全員イギリス人です。

で・・
今週放送される”去年の”ラストナイト”ですが・・
BBC交響楽団の首席指揮者である
レナード・スラトキンさんとリーダーの1人であった
マイケル・ディヴィスさんが共にその地位を去った
大きな節目のコンサートなんです。

すでにこのブログで伝えたように・・
今年は、ファースト/ラストナイトに
首席指揮者は、登場しない変わった年・・。

その前の年のコンサート・・
じっくり楽しんでください。

それにしても”あまりに遅すぎる”
そう思いませんか・・

|

« ラフマニノフ♪ | Main | 1番の注目は、展覧会の絵でしょう〜 »

プロムスです。」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16765/3951482

Listed below are links to weblogs that reference あまりに遅すぎますが・・見逃さないでね:

« ラフマニノフ♪ | Main | 1番の注目は、展覧会の絵でしょう〜 »