« April 2005 | Main | June 2005 »

May 2005

2005.05.31

英グラムフォン誌のrecording of the month

アメリカ人のスーザン・グラハムさんが
独唱してBBC交響楽団が伴奏をした
フランス人の作曲家の作品を
集めて録音されたアルバムが
イギリスのグラムフォン誌のrecording of the monthに
選ばれていました!
(6月号)
Poèmes de l'AmourB0007GADUY

追記・。(6/1)
HMVのサイトによれば・・
日本盤が8月24日に出るようです
ここクリック

| | Comments (0) | TrackBack (0)

バーンスタイン特集週間・・その2

日本時間では、午後10時からの
6月2日のafternoon performanceでは
(イギリス時間では、午後2時)
前日に引き続きBBC交響楽団の演奏が
放送になります

この日放送されるのは、5月6日にBBCのスタジオで
収録されたコンサートです。

指揮者は、David Charles Abellさんです。

プログラムは・・。
Bernstein Dybbuk Suite No 2;
        Concerto for Orchestra Jubilee Games
        (second movement: Mixed Doubles)

Hovhaness: Prayer for St Gregory
Alison Balsom (trumpet)

Bernstein: Three Meditations from Mass
Christian Poltera (cello)

Copland: Quiet City
Alison Balsom (trumpet),
Celia Craig (cor anglais)

Bernstein arr. Ramin and Tilson-Thomas
Orchestral Suite from A Quiet Place
David Charles Abell (conductor)

→ソリストのうちAlison Balsomさんと
Christian Polteraさんは、BBCラジオ3が
プッシュするニュージェネレーション アーティストです
Celia Craig さんは、BBC交響楽団の
メンバーです。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.30

バーンスタイン特集週間。

今週は、レナード・バーンスタイン特集
という事だそうで。
(BBCラジオ3)
バーンスタイン特集
次にBBC交響楽団の演奏が聴ける
水曜日のafternoon performance
(イギリス時間の午後2時
→日本時間では、午後10時。)でも
BBC交響楽団が演奏したバーンスタイン作品が
放送されます。
でも何故かそれ以外も流れますが・・

Barber: Adagio
Andrew Davis (conductor)

Bernstein: Missa Brevis
Simon Baker (counter-tenor)
BBC Singers
Leonard Slatkin (conductor)

Sibelius: Symphony No 5 in E flat
Jukka-Pekka Saraste (conductor)

Shostakovich: Piano Concerto No 2 in F
Paul Lewis (piano)
Kazuski Ono (conductor)

Bernstein: Symphony No 3 Kaddish
Jamie Bernstein (speaker)
London Oratory School Schola
BBC Symphony Chorus
Leonard Slatkin

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.28

アフリカプロジェクト?

今度の月曜日の午前2時30分から
3月に行われたBBC交響楽団の
アフリカプロジェクトのコンサートが
放送になります

プログラムは・・

ウォルトン ヨハネスブルグ祝典序曲
Grant Llewellyn (conductor)

Traditional, arr Rattray: Eeshe Olwa
BBC Symphony Chorus
Hammersmith Youth Choir
Brenda Rattray (director)

サン・サーンス ”アフリカ”
Ashley Wass (piano)
Grant Llewellyn (conductor)

Traditional: See Jolly
Macusi Players

Samuel Coleridge Taylor
”Variations on an African Air, Op. 53”
David Charles Abell (conductor)

Derek Bermel: Dust Dances
BBC Symphony Orchestra
Grant Llewellyn (Conductor)

Jo Jo Yates: Ase Fua
Macusi Players
BBC Symphony Chorus
Hammersmith Youth Choir
BBC Symphony Orchestra

Ashley Wassさんは、2002年の
エリザベス2世の即位50年記念コンサートで
クラリネットのジュリアン・ブリス少年の
伴奏者としてなら演奏を聴いたことがありますが・・。
ソリストとしてはないので楽しみです
それからアフリカン・サウンドに関しては
全然分からないのですが
いい曲だったらいいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.26

ショーソンのオペラ?

今度の日曜日の午前2時30分からは
BBC交響楽団がスタジオ収録で行った
ショーソンのオペラ”アーサー王”が放送になります。

指揮は、Leon Botsteinさんです

キャスト・・

Genievre ...... Susan Bullock (soprano)
Arthus ...... Andrew Schroeder (baritone)
Lancelot ...... Simon O'Neill (tenor)
Merlin ...... Francois Le Roux (baritone)
Mordred ...... Daniel Okulitch (baritone)
Lyonnel ...... Garrett Sorenson (tenor)
Allan ...... Sir Donald McIntyre (bass-baritone)
Apollo Voices

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.24

ロシア作品、2つ

今度のBBC交響楽団のライヴの放送は
日本時間では、27日の午前3時30分からです
指揮は、ユカ・ペッカ サラステさんです

演奏曲目は
ショスタコーヴィッチ 交響曲第15番
ラフマニノフ      詩曲"鐘”

Galina Gorchakova (Soprano)
Ilya Levinsky (Tenor)
Pavel Baransky (Baritone)
BBC Symphony Chorus

演奏自体は、21日に行われていて
生中継と言うわけではありませんが・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.20

from sweden?

今度のBBC交響楽団の演奏が聴けるのは
23日の午前2時30分からのperformance 3です。
テーマは、スウェーデンのようです。

でもいつ収録したかは、書いてません
(ラジオ3のサイトの方には)

はっきりしてるのは、BBCのスタジオで
収録したという事です。

さて・・
放送されるのは

ステーンハンマル: 序曲”高みへ”


マッティンソン   チェロ協奏曲第1番

ルーセンべり
           交響曲第6番

指揮は、Mario Venzagoさんです
チェロ協奏曲のソリストは、Mats Lidstromさんです

Continue reading "from sweden?"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.18

特別なコンサートのようです。

すみません・。更新が遅くなって・。
次のBBC交響楽団のライヴは、明日の午前3時30分からです。
指揮は、ユカ・ペッカ サラステさんです。

プログラムは・・。

ストラヴィンスキー・”ダンス・コンセルタント”
ブリテン      ”イリュミナシオン”
           Claire Booth (soprano)


シベリウス    ”交響曲第3番”

このライヴは、BBC交響楽団がコンサートを
行うバービカンホールやBBCのスタジオでは
なく、Bedfordで行われるようです

それは、BBC交響楽団が
第二次世界大戦が終わるまでの間
Bedfordにとどまり定期的にそこで
コンサートを行っていたことからみたいです。

引用↓(英文の部分)
The orchestra was to stay there until the
end of the War in 1945, giving regular concerts
at the Corn Exchange and Bedford School.

(自分の楽しみは、やっぱ、シベリウスかな・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.14

思わずぼやいてしまうのは・・。

サー・マイケル・ティペットのオペラを取り上げた
ライヴが生中継でBBCラジオ3で放送されるのに
続いて、BBC交響楽団の演奏が立て続けに
放送されます。

日本時間で言うと
16日の午前2時30分からと言う時間ですが・・。
先月に行われたRumon Gamba さん指揮のコンサートが
放送になります。

ソリストは、2曲目の作曲者でもあるBrett Deanさんです。

1.ワイル       3文オペラ/吹奏楽のための組曲

2.ブレット・ディーン ヴィオラ協奏曲(世界初演)
            BBC委嘱

3.シェーンベルク  映画の一場面への伴奏曲


4.ラフマニノフ    Symphonic Dances

→BBC交響楽団の演奏が聴けるのは
 ファンなので嬉しいんですが・・
 こう立て続けにあると正直キツイです。
 
ラジオ3の番組編成が変としか・・。(TOT)
今月だって上旬は本当に演奏を放送してくれなかったのに。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.12

サー・マイケル・ティペット

今度のBBC交響楽団のライヴは、
サー・マイケル・ティペットの
'The Knot Garden'が取り上げられます

日時は、日本時間で言うと15日の
午前3時25分からと
いつもより5分だけ早い中継開始になっています

指揮は、BBC交響楽団の
名誉指揮者であるサー・アンドルー・ディヴィスさんです。

サー・マイケル・ティペットの作品は
今年が生誕100年という事で取り上げられるようです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.05.10

1番の注目は、展覧会の絵でしょう〜

HMVのサイト上でも今日発売のお知らせが出ましたが
2003年に引き続いて2004年も
ワーナークラシックからプロムスの音源がCD化されることが
決定になりました。

今年のプロムスのプレスリリースがBBCからPDFで出されていて
その中にCD化決定の情報やプロムスのプログラムにも
ワーナークラシックの広告が載っていたり
また、ワーナークラシック
サイト上にもすでにジャケットつきで載っていたのですが
ショップの方に情報が出ていないので
取り上げていなかったんですが・・。

2003年と同じくCDは、5枚発売になります。
HMVのサイトの情報によると・・。
発売は、まだ先の7月31日だそうですが・・。

1.2004年ラストナイト
  (9月11日の収録)

2.バルトークの”青ひげ公の城
  (サラステさんの指揮の2004年9月7日の録音)

3.組曲”展覧会の絵”
  (2004年9月1日=スラトキンさんの60回目の
  バースデーライヴ)
  但し、この演奏は、ラヴェルの編曲したものを
  そのまま演奏したものではなく
  色々な人が編曲したものを再構成して
  演奏されたものです。

  その前にカップリングとして
  ・レスピーギ:交響詩『ローマの松』
  BBCウェールズ・ナショナル管弦楽団
  尾高忠明(指揮)
  

4.マルチヌー
  聖フランチェスコのフレスコ画
  指揮・サー・アンドルー・ディヴィス
  2004年7月30日収録

  ヤナーチェク:われらが父
  シオネッド・ウィリアムズ(ハープ)
  →BBC交響楽団の首席ハープ奏者
  BBC交響楽団合唱団

  そのカップリングとして
  ヤナーチェック: フクヴァルディの歌
  マルティヌー:ピアノとティンパニ、弦楽のための二重協奏曲
  
  指揮がイジー・ビエロフラーベクさんで
  プラハ・フィルハーモニアの演奏となっています

Continue reading "1番の注目は、展覧会の絵でしょう〜"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.05.02

あまりに遅すぎますが・・見逃さないでね

今年のBBCプロムスのプログラムが
明らかになった時期ですが・・
”ようやく”去年のラストナイトが
BS2で今週のクラシックロイヤルシートにて
放送になります。

(5月7日午前0時30分から〜)

プログラムは・・。
1.ドヴォルザーク  
  ”Overture 'Carnival' 序曲”謝肉祭”

2.R.シュトラウス
  Horn Concerto No. 1
  (ホルーン協奏曲第1番)
  ☆David Pyatt (デヴィット・パイアット)

3.ヴォ−ン・ウィリアムス
  Five Mystical Songs (5つの神秘的な歌)
  ♪Sir Thomas Allen (サー・トーマス・アレン)

4 サミュエル・バーバー
  Toccata festiva (祝典トッカータ)☆☆

休憩

5.サー・マクスウェル・デイヴィス
  Ojai Festival Overture (序曲オーハイ祭)

6.プッチーニ
  Madam Butterfly- Humming Chorus
  (蝶々夫人から・・Humming Chorus )

7.ロジャー&ハーマンスタイン
  オクラホマ!から”美しい朝”♪

8.コール ポーター
  ”独身時代はいずこ ♪

9.ギルバート&サリバン
  喜歌劇「ミカド」 から
   いつの日か、事が起これば

10.スーザ
   Liberty Bell - march
   (自由の鐘・マーチ)

11.エルガー
   Pomp and Circumstance March No. 1
   行進曲”威風堂々第1番

12.ヘンリー・ウッド作曲、ジョン・ウィルソン&
   スティヴ ジャクソン編曲
   
   Fantasia on British Sea-Songs
   イギリスの海の歌による幻想曲

13.パリー・作曲エルガー編曲
   Jerusalem
   ”エルサレム”

14.Traditional(編曲・ヘンリー・ウッド)
   イギリス国歌

15.Traditional
   Auld Lang Syne
   (蛍の光)

レナード・スラトキン指揮
BBC交響楽団
BBCシンガーズ
BBC Symphony Chorus

ソリスト
Sir Thomas Allen(バリトン)
Simon Preston (オルガン)
David Pyatt (ホルーン)

Continue reading "あまりに遅すぎますが・・見逃さないでね"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »