« January 2005 | Main | March 2005 »

February 2005

2005.02.28

here and now

現代音楽を放送する”here and now"ですが
今週は、BBC交響楽団が登場しています
テーマは、スウェーデンのようです。

演奏曲目と指揮者・・ソリストや共演者は以下のとおりです

1.ANDERS HILLBORG ”Liquid Marble”

2・ROLF MARTINSSON ”Bridge, Trumpet Concerto No 1”
  ソリスト→Hakan Hardenberger
3.KARIN REHNQVIST ”Light of Light”
  with→Trinity Boys' Choir

4.ANDERS HULTQVIST ”Time and the Bell”

指揮者は、John Storgardsさんです。

| | Comments (0)

2005.02.21

注目な指揮者とソリスト

今度のBBC交響楽団のライブは、
日本時間25日の午前4時30分からです
指揮者は、パーヴォ・ヤルヴィさんです。

プログラムは・・
トゥール: Aditus (London Premiere)

シューマン: チェロ協奏曲
(ソリスト・トルルス・モルク)

ペルト: Pro et Contra

ニールセン: 交響曲第5番

Continue reading "注目な指揮者とソリスト"

| | Comments (0)

2005.02.18

今度こそ?

21日の午後11時(日本時間)からの
afternoon performanceでは、BBC交響楽団の
演奏が特集して放送になります。

以下が放送予定です。
1.モーツアルト
  ”皇帝ティートの慈悲"より序曲

2.サン・サーンス
  チェロ協奏曲第1番
  (チェロ独奏:クラウディオ・ボルケス)

3.リーバーマン(1961b)
  ”ノクターン”

4.ラヴェル 
  クープランの墓

5.リーバーマン(1961b)
 "モーツアルトの主題による変奏曲”

6.モーツアルト
  交響曲第41番"ジュピター”

指揮者:
1.6→Christian Gansch
2.→Leonard Slatkin
3、5→Grant Llewellyn
4.sir.Andrew davis

Continue reading "今度こそ?"

| | Comments (0)

2005.02.14

残念・・。

アメリカ最大の音楽の賞である
グラミー賞の第47回目がおこなわれましたが
独奏者と指揮者に対して賞が贈られる
Best Instrumental Soloist(s) Performance (with Orchestra) に
ノミネートされていたダニエル・ホープ/BBC交響楽団
指揮=ポール・ワトキンスですが・・
残念ながら賞を獲得することが出来ませんでした

ちなみにこのカテゴリーで賞を獲得したのは
Previn: Violin Concerto "Anne-Sophie"/Bernstein: Serenade
André Previn, conductor; Anne-Sophie Mutter, violin
(Boston Symphony Orchestra & London Symphony Orchestra)でした

Continue reading "残念・・。"

| | Comments (0)

2005.02.13

どーなっているんだ?

明日の午後11時からの"afternoon perforamance"
(日本時間で)の枠では、BBC交響楽団の
過去の演奏から組み合わせて放送されます。
以下は、放送される曲目です。

Stravinsky: Scherzo Fantastique
Jukka Pekka Saraste (conductor)

Debussy: Nocturnes
BBC Symphony Chorus Women's Voices
David Robertson (conductor)

Raitio: Fantasia Poetica
Jukka-Pekka Saraste (conductor)

Britten Suite: The Prince of the Pagodas
Leonard Slatkin (conductor)

この日、放送される曲目を指揮する
指揮者は・・
前首席指揮者に現首席客演指揮者
次期首席客演指揮者と”面白い”
組み合わせです

気がかりなのは・・
一曲目にStravinsky: Scherzo Fantastiqueがあること。
去年の12月のライブにサラステさんとの組み合わせで
この曲が取り上げられているんですよ。
でもこの時のライブってまだ放送されていない気がするんですが・・
どうなっているのかなあ・・
それ以前にも取り上げていたらいいんですけどねえ
どーなっているのやら・。

| | Comments (0)

(ToT)ブラボ〜(ToT)

日本時間では、土曜日の早朝にBBCラジオ3で
放送されたBBC交響楽団/尾高さんの演奏ですが
自分は、まだラフマニノフの交響曲第1番しか
チェックしてないんですけど・・
めちゃくちゃ良かったです。(ToT)
自分は、音楽面とか何も分かりません。
感覚的に聞く事だけなんですが
この作品が失敗作だと言われた理由が
正直分かりませんでした。
BBC交響楽団の弦楽パートと
管楽器のパートの音色が美しく融合してる気がしました
指揮者の尾高さんとこの日演奏したBBC交響楽団の
リーダーのブライアントさんはじめとするメンバーに
素晴らしい演奏をありがとうと最大級の感謝を
贈りたいです。
(日本からですが・・。)

Continue reading "(ToT)ブラボ〜(ToT)"

| | Comments (0)

2005.02.09

ラフマニノフの交響曲第"1"番

今度のBBC交響楽団のライヴは、
12日の午前4時30分からになります
(日本時間)

指揮者は、尾高忠明さんです。

演奏曲目は・・

1.リチャード・バレット
NO (Resistance and Vision, Part I)

2.プロコフィエフ
ピアノ協奏曲第3番
Simon Trpceski(ソリスト)

3.ラフマニノフ
交響曲第1番(オリジナル版)

自分の注目は・・なんと言っても
ラフマニノフの交響曲第1番(オリジナル版)
大失敗作だとか初演の後に言われたこの曲・・
どんな曲なのか・・
聞いたことがないのです。
だからこそ、、楽しみなんですけどね(苦笑)

| | Comments (0)

2005.02.02

!!決定。首席指揮者と首席客演指揮者!!

BBC交響楽団の首席指揮者と
首席客演指揮者が決定しました。

首席指揮者は・・チェコ出身のイジー・ビエロフラーベクさん
首席客演指揮者は・・アメリカ出身のデヴィット・ロバートソンさん

イジーさんですが公式的には・・
2006年のプロムスのファーストナイトから
首席指揮者になるようです。
(こうかいてます・・
”Jirí Belohlávek takes up the position of Chief Conductor
officially at the First Night of the Proms 2006
and becomes Chief Conductor Designate until then”
(?今年のプロムスはどーなるんだ?)

又、デヴィット・ロバートソンさんは
ユカ・ペッカ=サラステさんの首席客演指揮者の
任期が終わった後の10月から首席客演指揮者の
地位に就任します。

Continue reading "!!決定。首席指揮者と首席客演指揮者!!"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2005.02.01

オリバー・ナッセンさん登場

今度のBBC交響楽団のライブは、日本時間の
5日の午前4時30分からです

今回の指揮者は、オリバー・ナッセンさんです
プログラムは・・
1.ティペット
Praeludium for brass, bells and percussion

2.オリバー・ナッセン
Cleveland Pictures

3.エリオット・カーター
Micomicon

4.R.シュトラウス
交響詩”ドン・キーホーテ

ポール・ワトキンス
(チェロ)

ノヴェルト・ブルーム
(ヴィオラ)
BBC交響楽団の首席奏者です。

ワトキンスさんは、前の首席チェリストである人です

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »