« もっと・・。 | Main | Sidonie Goossens »

2004.12.14

2004年プロムス・ラストナイト(ハイヴィジョンで放送)

2004−5年シーズンがもう始まっている中ですが
ようやく2004年のBBCプロムスのラストナイトが
今週土曜日の午後11時からのハイヴィジョン
クラシック館の枠で放送になります。

9月11日に終わった今年のプロムスのシーズンですが
今年のラストナイトは、BBC交響楽団にとって
大きな区切りになっているコンサートだと思います

それは、首席指揮者(レナード・スラットキンさん)と
リーダー(マイケル・ディヴィスさん)がこの日を最後に
その地位を去ったからです。

前書きは・・これ位にして・・

プログラムです:
1. 序曲「謝肉祭」 作品92 ( ドボルザーク作曲 )
2. ホルン協奏曲 第1番 変ホ長調   ( R.シュトラウス作曲 ) ○
3. 5つの神秘的な歌 ☆
  (1) 復活祭
  (2) 花をとった
  (3) 愛はようこそと言った
  (4) 使命
  (5) アンティフォナ ( ヴォーン・ウィリアムズ作曲 )
4. 祝典トッカータ △
・・休憩・・
5. オウハイ音楽祭序曲 ( マクスウェル・デーヴィス作曲 )
6. 歌劇「蝶々夫人」 から
   ハミング・コーラス ( プッチーニ作曲 )
7. ミュージカル「オクラホマ」 から
   なんときれいな朝だろう ( ロジャーズ作曲 )
8. ミュージカル「キス・ミー・ケイト」 から
   独身時代はいずこ ( ポーター作曲 )
9. 喜歌劇「ミカド」 から
   いつの日か、事が起これば ( サリヴァン作曲 )
10. 行進曲「自由の鐘」 ( スーザ作曲 )
11. 行進曲「威風堂々」 第1番 ( エルガー作曲 )
12. イギリスの海の歌による幻想曲
   (1) 夜もすがら (ウェールズ民謡)
   (2) 島々への道 (スコットランド民謡)
   (3) ロンドンデリーの歌 (アイルランド民謡)
   (4) リオ・グランデ (船乗りの歌)
   (5) ルール・ブリタニア  (アーン) ( ウッド作曲 /
スティーヴン・ジャクソン編曲 )
13. エルサレム ( パリー作曲 / エルガー編曲 )
14. イギリス国家 ( ウッド編曲 )
15. 蛍の光 ( スコットランド民謡 )

レナード・スラトキン指揮
BBC交響楽団
BBCシンガーズ
BBC Symphony Chorus

ソリスト
Sir Thomas Allen(バリトン)☆
Simon Preston (オルガン)△
David Pyatt (ホルーン)○


ソリストについて・・
サー・トーマス・アレンさんは、
エリザベス女王即位50周年記念コンサートで
BBC交響楽団と共演した事があります・
CDやDVDで確認できますよ・


サイモン・プレストンさん
1938年生まれのオルガン奏者にして指揮者
スラトキンさんとは、セントルイス交響楽団でソリストとして
録音を一緒にしてグラミー賞にノミネートされたことがあるようです

デヴィット・パイアットさん・・
ロンドン交響楽団の首席ホルーン奏者でもある彼は
1988年度のYoung Musician Of the Yearになった人です


今年は、ソリストは皆さんイギリス生まれです


音声だけを聞いて感じたプロムスのラストナイト・・
音声のみで楽しんだラストナイト
さて、映像を見てどういう感想になる事やら・・
BBC交響楽団の面々に画面を通してでも早く
あいたいです。
(いつもは、音声だけなんですもん・・。)
私が1番見たいソリストは・・
爆笑をさそったサー・トーマス・アレンです。

|

« もっと・・。 | Main | Sidonie Goossens »

プロムスです。」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16765/2268389

Listed below are links to weblogs that reference 2004年プロムス・ラストナイト(ハイヴィジョンで放送):

« もっと・・。 | Main | Sidonie Goossens »