« November 2004 | Main | January 2005 »

December 2004

2004.12.31

来年もよろしくお願いします。

2004年も残りわずかになりましたが・・
この”メインは、BBCso."を読んでくれた皆様
ありがとうございました。
 BBC交響楽団の首席チェリストが好きで
ラストナイト以外も注目して欲しい。。
情報もあまりに少ない状況に怒って
主にインターネットでも聞くことが出来る
BBCラジオ3で中継されるライヴ情報を
主に取り上げるブログになりましたが・・。
 2005年もBBC交響楽団を追いかける
(主にネットでも聞けるBBCラジオ3での
放送情報になってしまいますが)
よろしくお願いします。


なお・・
BBC交響楽団の新年最初のライヴは
毎年恒例のComposer Weekendです。
指揮は、名誉指揮者のサー・アンドルー
ディヴィス、それと特集の作曲家自身である
ジェームズ・マクミランです
サー・アンドルーのマネージメントを担当する
askonas holtのニュースによると
新年明けてすぐの週に彼がイギリスに
戻り、リハーサルが始まるようです

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.30

BS2でプロムスのラストナイトを放送してくれ!

年末にこういう言葉を書きたくなかったです
"なんでよ〜(怒)
NHKのBSクラシックナビゲーション
放送予定が更新されているので
チェックしてみました。
何と言う事デスか・・(ToT)
2005年2月のBS2のクラシックの放送予定
載っていない・・。
耳にはさんだ情報では、プロムスのラストナイト
2月に放送予定だと聞いたんですが・・。
う〜ん・・あまりに悲しすぎます
私は、ラストナイトをハイヴィジョンで見たのですが
ハイヴィジョンを見ていない人も多いでしょう・・。
音や映像のよさを考えるとハイヴィジョンでの
放送がいいと思いますが
お願いだからBS2でラストナイトを放送してください
音や映像の美しさよりも・・
まず注目してくれる人
それが多いBS2での放送を!
ハイヴィジョンでの放送の最後のテロップに
共同制作NHK
そうなっていたのは・・
アンナ・ネトレプコ と BBCフィルの放送のためですか?
本当に悲しすぎる・・
もちろんアンナ・ネトレプコ と BBCフィルには
罪はないですよ。
今年のラストナイトは、本当に
転換期になると思います・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.29

展覧会の絵を聞こう!

プロムスでのBBC交響楽団の演奏から
再放送されるラストナイト以外のプログラムを
紹介
2005年1月8日 午前4時30分から
1.ブリテン
  バレエ音楽”パゴタの王子組曲(抜粋)
  
2。コリアリーノ
  クラリネット協奏曲
  (ソリスト・マイケル・コリンズ)
  ロンドン初演

3.ムソルグスキー(various)
  (展覧会の絵)
  introduced from the stage by Leonard Slatkin

2005年1月10日午前3時30分から
ユカ・ペッカ サラステさん指揮で・・
1.KAIJA SAARIAHO ”Orion”
  カイヤ・サーリアホさん ”オリオン”
  (イギリス初演)
  
2. Bartok
Duke Bluebeard's Castle
(バルトーク・青ひげ公の城)
  
Ildiko Komlosi (mezzo-soprano)
John Tomlinson (bass)


2005年1月11日午前4時30分から

1.Enescu
  Romanian Rhapsody No. 1 in A major
  (エネスコ・ルーマニア狂詩曲第1番イ長調)

2.Bartók
  Viola Concerto
  (バルトーク・ヴィオラ協奏曲)

3.Debussy, orch. Koechlin
  Khamma
ドビッシー作曲シャルル・ケックラン. 編曲
バレー音楽”カンマ”(管弦楽バージョン)

4。Lutoslawski
  Concerto for Orchestra
  ルトスワフスキー/管弦楽のための協奏曲

指揮は、ユカ・ペッカ サラステさん
ソリストは、ヴィオラのユーリ バシュメットさんです

Continue reading "展覧会の絵を聞こう!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.28

ラストナイトの再放送 on BBC radio3

年末ですねえ・・
BBC交響楽団のライブ中継も
年が明けて1月15日の
ジェームズ マクミラン特集の週末まで
ありませんが
年末年始、BBCラジオ3では
プロムスのライブからピックアップして
再放送をしてくれます

ここでは、もちろん
BBC交響楽団が登場するものを
紹介します。

まず・・最初に・・。
2005年1月1日午前6時50分から
ラストナイトを
1. 序曲「謝肉祭」 作品92 ( ドボルザーク作曲 )
2. ホルン協奏曲 第1番 変ホ長調   ( R.シュトラウス作曲 ) ○
3. 5つの神秘的な歌 ☆
  (1) 復活祭
  (2) 花をとった
  (3) 愛はようこそと言った
  (4) 使命
  (5) アンティフォナ ( ヴォーン・ウィリアムズ作曲 )
4. 祝典トッカータ △

Continue reading "ラストナイトの再放送 on BBC radio3"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.26

ベスト オブ・・2004

遅れてごめんなさい・・。
明日とあさってのafternoon performanceの
枠でBBC交響楽団の演奏が
流れます。

但し・・
月曜日は・・一曲だけ
William Schuman: New England Triptych
Lawrence Foster (conductor)

これは、1月に取り上げたジョン・ケージの
特集の週末の中で取り上げられた作品です
(2004年1月16日演奏)

それから28日(火曜日)午後11時15分から・・
この日は、フィンランド音楽特集です
今年の6月に行われたBBC交響楽団の首席
客演指揮者であるサラステさんの母国である
フィンランドの音楽を取り上げた週末の演奏から

(2004年6月11、12日に行われたものから)
1.マグヌス・リンドベルイ   
  →"フェリア”
2.シベリウス        
  →”Orchestral Songs”☆
3.ユッカ・ティエンスー   
  →”プロ(クラリネット協奏曲)”♪

4.カイヤ・サーリアホ
  →”Oltra Mar =
   Over the Sea(海の上に)

5.シベリウス
  交響曲第7番

Continue reading "ベスト オブ・・2004"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.24

”The Dharma at Big Sur ”

今年最後の定期公演でも
その編曲した作品が取り上げられた
ジョン・アダムス。
来年1月には、今期2度目の指揮台に
立つことになっています
彼とBBC交響楽団は、関係を結んでいますが
今年のプロムスで彼自身の作品である
The Dharma at Big Surが プロムスでの演奏の
翌日にレコーディングされていたようです・・。
(何気なくジョン・アダムスのオフィシャルHPを
見ていたら見つけてしまいました・・。)

彼の作曲した作品リストを見ているうちに・・
こう書かれていたんです・・
”The Dharma at Big Sur ”
22 August 2004 Royal Albert Hall, London

23 August 2004 recording sessions with
BBC Symphony at Abbey Road, London) to be released in 2005
CDの発売は、来年とだけ予定されてるようです

ソリストは、プロムスでもBBC交響楽団と共演した
Tracy Silvermanさんです
(うわ・。)
この”The Dharma at Big Sur”
エレキヴァイオリンとオーケストラのための
協奏曲なんですが・・
いいですよ〜。お勧めです。
プロムスでのライヴを聞きました。
楽しみです!
自分は、買います。
(BBC交響楽団だからというわけじゃないですよ
曲も好きなんです〜)

Continue reading "”The Dharma at Big Sur ”"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.23

レコーディング中?

BBC交響楽団は、メゾ・ソプラノの
スーザン・グラハムさんと
指揮者ヤン・パスカル・トゥルトゥリエさんと共に
レコーディングをしたという事がのっています
BBC交響楽団のレコーディング
この組み合わせで17日にライヴが行われたので
ライヴ収録なのかなとか思うのだけど
でも・・収録時間を考えるとそうじゃなくて
スタジオ録音のアルバムかなと思いますが・・。
いづれにしても来年春には出る予定だそうです
何度も書いてるように・・
自分は、歌曲など歌物が苦手ですが
BBC交響楽団のCDのニュースが出る事は嬉しいです
この情報に関しては、新しい話が出たら随時更新します

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.20

今年最後の定期ライヴです。

ようやくまずハイヴィジョンで
今年のプロムスのラストナイトが
放送されましたが
もちろん、すでに04−05シーズンの
定期シーズンも消化して
今年、最後の定期公演も実は終わっています

(紹介するのが遅くなってごめんなさい)
明日の午前4時30分から
日本時間で言う所の土曜日の早朝に行われた
今年最後の定期ライヴが放送になります

指揮は、ヤン・パスカル・トゥルトゥリエさん
ソリストは、メゾ・ソプラノのスーザン・グラハムさんです

さて・・プログラムです
1.アンソニー・ペイン ”Visions and Journeys”
2.ラヴェル       ”シェラザード”
3.ドビッシー(ジョン・アダムス編曲)
  シャルル・ボードレールの4つの詩の歌

4.エルガー      "南国にて”

Continue reading "今年最後の定期ライヴです。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.19

2004年のラストナイトを見て(映像編)

我が家は、ケーブルテレビを通じてハイヴィジョンが見られるので
ラストナイトを見ました。
さて・・感想です。
やっぱり映像付ではないと楽しみが半減します
ラストナイト。
特に印象に残った事だけ。
サー・トマス・アレンの歌には、大爆笑させられました
登場の仕方も面白いし
(BS2でも放送あるので今は、書きません)
もう大爆笑必死です。
2000年からラストナイトは見ていますが
1番面白かったソリストだと思います
そして・・
思ったことを・・
BBC交響楽団っていいな〜
いつも演奏をネットで音声のみで
楽しんでいるけれど
映像があると違います。。

最後に・・
来年のプロムス。
ファーストナイトとラストナイト
誰が指揮台にいるのでしょうか
今、BBC交響楽団には
首席指揮者の地位にいる指揮者はいませんから・・

追伸:
ラジオ3でのプレセンターは・・
ステファニー・ヒューズさんだったので
テレビでは違う人だったのには
面食らいました

| | Comments (0) | TrackBack (1)

プロムス・イン・ザ・パークとしての中継はなかったです

(訂正)
1部と2部の間にBBCでは放送のある
プロムス イン ザ パークはなかったです
イギリスの海の歌による幻想曲の時に
演奏される歌を中継先でみせていました

中継先は・・
シングルトン・パーク (スウォンジー)
合唱 : セレンディピティ・シンガーズ
グラスゴー・サイエンス・センター (グラスゴー)
合唱 : スコットランド国立少年合唱団
市庁舎前広場 (ベルファスト)
合唱 : アルスター・ユース・コーラス
フルート : ジェームズ・ゴールウェイ
ウルビス博物館前 (マンチェスター)
合唱 : ハレ合唱団


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.16

Sidonie Goossens

BBC交響楽団の"創設時”のメンバーであった
ハーピストのSidonie Goossensさんが亡くなったそうです。
105歳だったそうです。
彼女は、1991年のラストナイトで演奏に参加した!
最も最高齢な奏者として記録されているそうです
リンク先には、ストラヴィンスキーと彼女がスコアを
見ながら話してる写真があります

リンク先・英語

(今のBBC交響楽団を中心に取り上げるブログですが
彼女は創設時のメンバーという事・・
敬意を表して取り上げました
冥福を・・)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.14

2004年プロムス・ラストナイト(ハイヴィジョンで放送)

2004−5年シーズンがもう始まっている中ですが
ようやく2004年のBBCプロムスのラストナイトが
今週土曜日の午後11時からのハイヴィジョン
クラシック館の枠で放送になります。

9月11日に終わった今年のプロムスのシーズンですが
今年のラストナイトは、BBC交響楽団にとって
大きな区切りになっているコンサートだと思います

それは、首席指揮者(レナード・スラットキンさん)と
リーダー(マイケル・ディヴィスさん)がこの日を最後に
その地位を去ったからです。

前書きは・・これ位にして・・

プログラムです:
1. 序曲「謝肉祭」 作品92 ( ドボルザーク作曲 )
2. ホルン協奏曲 第1番 変ホ長調   ( R.シュトラウス作曲 ) ○
3. 5つの神秘的な歌 ☆
  (1) 復活祭
  (2) 花をとった
  (3) 愛はようこそと言った
  (4) 使命
  (5) アンティフォナ ( ヴォーン・ウィリアムズ作曲 )
4. 祝典トッカータ △
・・休憩・・
5. オウハイ音楽祭序曲 ( マクスウェル・デーヴィス作曲 )
6. 歌劇「蝶々夫人」 から
   ハミング・コーラス ( プッチーニ作曲 )
7. ミュージカル「オクラホマ」 から
   なんときれいな朝だろう ( ロジャーズ作曲 )
8. ミュージカル「キス・ミー・ケイト」 から
   独身時代はいずこ ( ポーター作曲 )
9. 喜歌劇「ミカド」 から
   いつの日か、事が起これば ( サリヴァン作曲 )
10. 行進曲「自由の鐘」 ( スーザ作曲 )
11. 行進曲「威風堂々」 第1番 ( エルガー作曲 )
12. イギリスの海の歌による幻想曲
   (1) 夜もすがら (ウェールズ民謡)
   (2) 島々への道 (スコットランド民謡)
   (3) ロンドンデリーの歌 (アイルランド民謡)
   (4) リオ・グランデ (船乗りの歌)
   (5) ルール・ブリタニア  (アーン) ( ウッド作曲 /
スティーヴン・ジャクソン編曲 )
13. エルサレム ( パリー作曲 / エルガー編曲 )
14. イギリス国家 ( ウッド編曲 )
15. 蛍の光 ( スコットランド民謡 )

Continue reading "2004年プロムス・ラストナイト(ハイヴィジョンで放送)"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.11

もっと・・。

もう少し軽めでデザインが新鮮なものを
使いたいです・・。
よろしくお願いします。
(井の頭公園では、字と背景がかぶっていて
記事が見にくいのでだめ
ディリー・ポータルZ
ミドリの部屋でうたねは、記事の見やすさでは
!!素晴らしいのですが
もう少しねえ・・って感じなんです。)
も本当に軽めでキュートなものがあったらいいんですが・・

Continue reading "もっと・・。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.08

グラミー賞にノミネート。

BBC交響楽団が伴奏をつとめた
ダニエル ホープ独奏の
ベルクとブリテンのヴァイオリン協奏曲の
カップリングのCDがアメリカでもっとも権威のある
音楽賞であるグラミー賞の
クラシック音楽の部門の中で
ソリストとオーケストラのカテゴリーが
あるのですがその候補として
ノミネートされました
B0001BFI64.01.JPEG


この録音は、去年の8月に
BBCのスタジオで録音されたものですが
グラミー賞、ゲットして欲しいなと思います。
賞の発表は、来年2月13日
ちなみに・・。
その他の候補には、・・

Continue reading "グラミー賞にノミネート。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

去年のプロムスのラストナイトの映像です。

今週の土曜日11日にBSハイヴィジョンで
去年のラストナイトの録画放送があります
BS2で再放送していないので
それを見逃してしまった〜!という人
BSハイヴィジョンが見られる人は
見てくださいね〜

プログラムは・・超個人的な感想も書いた↓を見てください
2003年のラストナイトの感想

是非是非、ラストナイトをきっかけとして
BBC交響楽団を注目してください
お願いします〜

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.06

ホルスト♪

先週に引き続き"Discovering Music”に
BBC交響楽団が登場しています。
今週取り上げている作曲家は、1934年に亡くなった
イギリスの作曲家の中の一人である
グスタフ ホルストです。
そのホルストのエグドン・ヒースとベニ・モラです。
指揮は、ヴァーノン・ハンドリーさんです。
先週のディーリアスは録音が今年だというのは分かったのですが
これは、いつなのか分かりません
ホルストの作品といったら"惑星”がダントツに有名ですが
興味がアル人はチェックしてください
Discovering Music

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.12.02

オフィシャルサイトのリニューアル。

BBC交響楽団のサイトが
リニューアルしてます。
ココをクリック
正直まだ戸惑っていますが・・(苦笑)
以前よりは・・情報もあるようですが・・。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.12.01

BBC交響楽団・イン・マンチェスター

土曜日(4日)の午前4時30分から
BBC交響楽団が先月13日にマンチェスターで
行ったライブが放送になります。

指揮は、Arte Novaで録音したCDが評判な
デイヴィッド・ジンマンさんです。
(私は聞いてませんが)

ソリストは、来月の定期公演にも登場する
ジャン・イヴ・ティボーテさんです。

演奏曲目は・・
1.THEA MUSGRAVE
  ”Turbulent Landscapes”

2.ラヴェル
  ピアノ協奏曲ト長調

3.ムソグルスキー作曲
  ラヴェル編曲
  ”展覧会の絵”


ティボーテさんの演奏も楽しみですが
なんと言ってもこの日の注目は・・
最後の展覧会の絵ですね
プロムスでさまざまな作曲家が
編曲をしたものを集めて演奏をした
BBC交響楽団。
それが今度は・・
オーソドックスなラヴェル編曲バージョンですから

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | January 2005 »