« October 2004 | Main | December 2004 »

November 2004

2004.11.28

ディーリアス♪

一つのテーマにしぼって
少しずつフレーズを聞かせながら
曲について色々紹介する番組
"Discovering Music"がBBCラジオ3に
あるのですが
その番組にBBC交響楽団が登場しています
指揮者は、Martyn Brabbinsさんです。
今回取り上げるのは・・
フレデリック・ディーリアスのオーケストラ作品。
"春初めてのかっこうを聞いて”
"楽園への道”
"ダンス・ラプソディ・No.2"
以上3曲です。

Martyn Brabbinsさんが作品のポイントを少しずつ
紹介しながらそのフレーズを聞かせる事をまず
して、その後通して曲を聞かせる設定になっています。
英語で曲の説明をしてるので完璧には
分からないけれどでも好きなディーリアス作品なので
嬉しいです。
ディーリアスが好きな人は聞いてください〜。
現在ストリーミング配信で聞ける状態になってるので
チェックをどうぞ〜。
↓からどうぞ〜。1週間限定のプログラムなので
興味ある人はどーぞ

Discovering Music
この番組は・・
今年の3月19日に収録されたもののようです
(googleで検索し、キャッシュ機能で確認済みです)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.25

ツアー先での演奏から・・その2

29日からのafternoon performanceでは
木曜日(12月2日)をのぞいて
BBC交響楽団のツアー先での演奏から
ピックアップして放送の予定です。

さて・・
水曜日(12月1日)
この日放送されるのは・・
10月16日に行われた 
ブラジル・サンパウロでのライブからです
MAGNUS LINDBERG Chorale (Es ist genung)
BERG →ヴァイオリン協奏曲
BRUCKNER →交響曲第9番

指揮は、ユカ・ペッカ=サラステさん
ヴァイオリンは、レオニダス・カバコスさんです

Continue reading "ツアー先での演奏から・・その2"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ツアー先での演奏の音源から・・

29日からのafternoon performanceは
木曜日をのぞいてBBC交響楽団の
ツアー先での演奏の音源が放送されます

まず・・
29日(月曜日)
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロでの行われた
10月19日のライヴ。

シベリウス→交響詩”ポヒョラの娘”
シベリウス→ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク→交響曲第7番

指揮は・・ユカ・ペッカ=サラステさん
ヴァイオリンは、レオニダス・カバコスさんです

Continue reading "ツアー先での演奏の音源から・・"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.21

ジョン・アダムス指揮 ”Harmonium”

24日の午前4時30分からBBC交響楽団の
ライヴがあります
この日の指揮者は、作曲家でもあるジョン・アダムスさん
BBC交響楽団とは、 Artist in Associationの関係でもあります

さて・・この日の演奏曲目は・・?
1.ストラヴィンスキー ”ナイチンゲールの歌”
2.バルトーク      ヴァイオリン協奏曲第1番
3.アイヴス       'From Greenland's Icy Mountains'
4.ジョン・アダムス  ハレモニウム

ペッカ=クーシスト(Vn)
BBC Symphony Chorus
( ハレモニウム)

ハレモニウムは、つい最近BBC交響楽団の首席指揮者の地位と
共に音楽監督を兼任していたワシントンのナショナル交響楽団を
2007−08シーズンで退任する考えと語ったスラトキンさんが
2001年のBBCプロムスの"ファーストナイト"で指揮したものを
NHK−FMで放送してくれた時のものが
あると思うのでそれをまず聞いてみようかな。(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.20

よかった〜。♪/それと・・。

日本時間で18日の午後11時から放送になった
BBC交響楽団のフリー・コンサート

自分は、楽しく聞くことが出来ました
特にヴォーン・ウィリアムズの
オーボエ協奏曲。

素晴らしかった〜。
首席オーボエ奏者のリチャードさんが
ソリストだったのですが
彼のオーボエのソロの響きもよかったし
そのバックの弦楽の響きも♪って感じだったです
リチャードさんとバックの息もあっていたと思うし
(毎度思うことですがスーザンさんも
ソリストで登場してくれたら・・。)

自分が弦楽器の音色に弱いなんて事も
あるかもしれないですが・・。

その他のシェーンベルクとニールセンも
よかったです。

何より・・自分が聞いたことなかった曲で
聞いて(!!!いいじゃん。)なんて
思えるのは、素晴らしいと思ってるから。


Continue reading "よかった〜。♪/それと・・。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.16

ヴォーン・ウィリアムス

今度の木曜日にBBC交響楽団のフリーコンサートが
生中継になります。
時間は、時差の関係で生で聞くのが大変な
早朝ではなく、
それに比べては、比較的聞きやすいと
思う夜11時からの中継です。
この中で好きな曲がある人は、
チェックしたらどうでしょうか

指揮者は、Joseph Swensenさんです。

プログラムは・・
1.シェーンベルク
  ”室内交響曲第2番.,作品番号38

2.ヴォーン・ウィリアムズ
  ”オーボエと弦楽のための協奏曲”
  
3.カール・ニールセン
  ”交響曲第4番 ”不滅〜消し難きもの”

ヴォ−ン・ウィリアムズのオーボエ協奏曲の
ソリストは、BBC交響楽団の首席オーボエ奏者の
リチャード・シンプソンさんです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マイケル・ディヴィスさん

日本では、ようやく今年のラストナイトが
ハイヴィションで来月放送予定なのですが
そのラストナイトでBBC交響楽団のリーダーの
地位を離れたマイケル・ディヴィスさんが
http://www.classicalsource.com/によると

13日の土曜日に行われた
ロンドンフィルのコンサートでゲストリーダーとして
登場したようです。
記事はここ

しかし、残念ながらBBCラジオ3のマイクは、なかったようです
ディヴィスさんもラストナイトでもすばらしい演奏をしていたと
思うのでその演奏活動が日本でも伝わる事を
祈ってますが・・。

(リンクのアドレスですぐ入れない場合は、
ENTERのボタンを押すとレビューやニュースなどの
見出しが見られます
その各見出しをクリックするとその記事に
飛びます。
(但し、英語ですけど)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.12

ホームページを更新しました。

すっかりココがメイン更新になっていますが
tom bowling〜BBC交響楽団を応援するサイトなんぞも
あるわけで・・。
で・・。
そのHPを更新しました。
2004〜2005年シーズン・定期公演表です。

毎年1月に集中的にひとりの作曲家の作品を
取り上げる週末のコンサートがBBC交響楽団には
あるのですが
そのコンサートの詳細が発表されたので
その週末に取り上げられる曲目などを
書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.11.08

サー・ハリソン・バートウィスルのオペラですよ。

火曜日にバービカンホールではなく
ROYAL FESTIVAL HALLに
登場するBBC交響楽団

演奏するのは
サー・ハリソン・バートウィスルさんの
作品

彼の生誕70年を祝うコンサートの中の
一つとしてBBC交響楽団が演奏するのは
彼のオペラであるThe Second Mrs Kong
(ロンドン初演)
Text by Russell Hoban

指揮者は・・Martyn Brabbins さんです。

でも・・
このオペラ、BBCラジオ3での
放送は、日本時間では・・
日曜日の午前3時30分からになります

案内は・・
ラストナイトの映像を見たことある
人なら名前を見てあ!と思うかもの
ステファニー・ヒューズさんです。

Continue reading "サー・ハリソン・バートウィスルのオペラですよ。"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.11.05

ジェームズ・マクミラン week end詳細発表

毎年1月には、特定の作曲家を集中して取り上げる
BBC交響楽団。
(ちなみに今年は、ジョン・ケージでした)
あの”4分33秒”も取り上げられたんですねえ〜。
そして・・
2005年は、ジェームズ・マクミランなのですが
来年1月14〜16日の間に行われる
ジェームズ・マクミラン・ウィークエンドの
プログラムが発表になりました

ジェームズ・マクミラン自身も指揮をしますが
BBC交響楽団の名誉指揮者である
サー・アンドルー・ディヴィスがこの特集の
時に指揮をします。(!!)

詳しくは、ココをクリック

Continue reading "ジェームズ・マクミラン week end詳細発表"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« October 2004 | Main | December 2004 »