« September 2004 | Main | November 2004 »

October 2004

2004.10.31

サマー・タイム終了で・・注意しましょう

ところで・・
明日はもう11月になりますが
日本とイギリスの時差は、9時間になります。

BBCラジオ3でBBC交響楽団の演奏を
聞くために注目して欲しい3つのプログラムも
それぞれ今までより一時間日本時間で言うと
遅く始まります。

まず・・
performance 3(平日)
→ロンドン時間午後7時30分から始まる
BBC交響楽団などのBBC傘下のオーケストラや
それ以外のオーケストラのライブ、
リサイタルなどをコンサートホールから
生中継で聞かせてくれる枠
これまでは・・日本時間だと
午前3時30分からのものが午前4時30分から

afternoon performance(平日のみ)
→ロンドン時間では、午後2時からの枠
(午後2時〜午後3時40分がほとんど
しかし、たまに午後4時までの時もある)

BBC傘下のオーケストラの過去の
定期公演やスタジオでのフリーコンサートから
音源を選択して放送する事が多い
時々、その日放送のオケの関連のCDから
音源を聞かせる事もある。
またスタジオでのフリー・コンサートを
ライブで聞かせることもあります。
これまでは、日本時間だと
午後10時からだったものが
午後11時からになります。

performance3は、日曜日にあるときは
午後6時30分からになっています
(その場合は、午前3時30分からになります)
→日本時間では。


Continue reading "サマー・タイム終了で・・注意しましょう"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.30

スカンジナビアな作曲家特集

BBC交響楽団の10月7日に行われた
BBCのスタジオでのフリー・コンサートが
今週の”here and now"枠で放送になります
日本時間で言うと・・

なお、後半は、BBCシンガーズの登場です。

指揮者は・・ドイツの作曲家でもある
Johannes Kalitzke(1959〜)さんです。

1.Rolf Wallin(1957〜)
  ”Act”

2.Bent Sørensen(1958〜)
  Intermezzi from Under Himlen'

  Lore Lixenberg/Marianne Rørholm
  (mezzo sopranos)

3.Karl Aage Rasmussen(1947〜)
  'A Tempo'

Continue reading "スカンジナビアな作曲家特集"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.24

ニールセン、シベリウスに、チャイコフスキー

たぶん今頃は、南米ツアーからロンドンへ
帰ってきてると思うBBC交響楽団のメンバー。
そしてサラステさんとソリストのカバコスさん

28日(日本では明けて29日の午前3時30分から)の
午後7時30分からライブがあります。

今回のライブで取り上げられるのは
南米ツアーで取り上げたプログラムの中の一つと
同じものです。

指揮者は、ユカ・ペッカ=サラステさん。
ソリストは、今年のプロムスでもBBC交響楽団と
共演したりと共演が多いレオニダス・カバコスさんです

Continue reading "ニールセン、シベリウスに、チャイコフスキー"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.23

BS2での放送は未定?今年のBBCプロムス・ラストナイト・・

今日ネットサーフィンをしながら
BSクラシックのナビゲーション
ページをみて見たら12月までの予定が
載っているのでチェックしてみました
え・・・。という内容です

まだ先の話ですが・・。(12月なので)
プロムスのラストナイトですが、まず去年のラストナイトが
12月11日のハイビジョン・クラシック館の枠で
そして今年のラストナイトが18日の
同じくハイビジョン・クラシック館の枠で放送になる
予定と書かれています。
BS2では・・載っていません。

Continue reading "BS2での放送は未定?今年のBBCプロムス・ラストナイト・・"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.22

すみません・。カスタマイズで・・

午後10時20分。
サイドバーのカスタマイズが終わりました。
どーもすみませんでした。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.13

NHK-FMでベルクのヴァイオリン協奏曲放送

もうすぐ南米ツアーに出るBBC交響楽団ですが
19日のNHK−FMでBBC交響楽団が
伴奏をつとめたダニエル・ホープ独奏の
ベルクのヴァイオリン協奏曲が放送予定だそうです

この録音は、2003年の8月に行われたものです。

指揮は、ダニエル・ホープさんとともに
室内楽で演奏をしたこともあるBBC交響楽団の
前首席チェリストでもあるポール ワトキンスさんです
(参考)ココをクリック

B0001BFI64.01.JPEG

ワーナーへの録音が初めてのダニエル・ホープさんも
指揮者としてコマーシャル録音をしたのも(多分)初めてと思う
ワトキンスさんもいい音楽を作り出してると思います。
もちろん伴奏のBBC交響楽団も日頃使ってるスタジオで
録音をした事もあると思いますが素晴らしいと思うので
番組をチェック出来る方はよろしく〜。
でも自分にとっては、ベルクよりもブリテンの”それ”の
方がいい出来と思います

ベルク・・分かりずらい曲なんですもん・・。(苦笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.12

2004−5年シーズンの初めのコンサートです。

10月2日(日本時間)早朝にマーラーの
交響曲第2番"復活”をメインにしたプログラムで
BBC交響楽団の定期公演がスタートしましたが
それよりも一週間前にBBCのスタジオでの
行われた04−05シーズンの正真正銘
はじめのコンサートが今度の"here and now"枠で
放送になります。
ちなみにフリー・コンサートです。

放送されるプログラムは・・
イタリアの現代音楽家の作品の特集のようです。

1.Ivan Fedele: Epos

2.Fausto Romitelli: Audiodrome

3. Salvatore Sciarrino
Caprices for solo violin (selection)
Mieko Kanno (violin)

4.Luca Francesconi: Wanderer

指揮者は、Zsolt Nagyさん
ソリストは、mieko kannnoさん
(菅野みえこさん?←漢字で書くと?)
検索でひっかかった彼女(多分)の
情報ページ
ココ

現代音楽ですが
よかったら聞いてくださいね。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.06

BBC交響楽団・南米ツアーへ。

BBC交響楽団は、16日から22日まで
南米へツアーに出ます。
情報は、BBC交響楽団のツアーのページから

行き先は・・
ブラジルのサンパウロとリオデジャネイロ
アルゼンチンのブエノスアイレスです。

ツアーの間のライブの指揮は・・
ユカ・ペッカ=サラステさんが担当されます。

また同行のソリストは・・
ツアーの後のすぐの定期公演に出演する
ヴァイオリニストのレオニダス・カバコスさんです

Saturday 16 October 9.00pm
Sala São Paulo, Brazil

MAGNUS LINDBERG Chorale (Es ist genung)
BERG →ヴァイオリン協奏曲
BRUCKNER →交響曲第9番

Sunday 17 October 9.00pm
Sala São Paulo, Brazil

ニールセン→歌劇”仮面舞踏会から序曲
シベリウス→ ヴァイオリン協奏曲
チャイコフスキー→交響曲第4番

Tuesday 19 October 8.30pm
Teatro Municipal, Rio de Janeiro, Brazil

シベリウス→交響詩”ポヒョラの娘”
シベリウス→ヴァイオリン協奏曲
ドヴォルザーク→交響曲第7番

Continue reading "BBC交響楽団・南米ツアーへ。"

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2004.10.02

始まりました。新シーズンです。

首席客演指揮者であるサラステさん指揮で
BBC交響楽団の2004−05シーズンの
コンサートが始まりました。


結構好き。?演奏の出来はどうかって・・。

自分の大好きな弦の音色とか楽しめたり・・
曲が激しく展開したり・・。
ちゃんと聞いたことなかった身としては・・
面白いとしか・・まだ言えない。

Continue reading "始まりました。新シーズンです。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.10.01

ライヴ収録。

スラトキンさんとBBC交響楽団の
コンビでのchandosからのCDリリース
第6弾のバーバーの"バネッサ”が
イギリスで11日に発売になることが
HPでアナウンスされました。
なお、この新譜は、以前書いた情報である第5弾の録音
同様にSACD/CDでのリリースのみのようです。
2枚組みです。


このCDは、昨年11月15日のバービカンホールでの
定期公演でのライブでの録音のようです。
詳細は、ここをクリック

バーバーと言ったらやっぱり・・
弦楽のためのアダージョを思い浮かべてしまう
自分ですが・・このバネッサ・・
ちょうど前のPCが調子悪くてメンテナンスに
出してる時で聞けなかったんで・・
どういうライヴだったのか分かりません

Continue reading "ライヴ収録。"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2004 | Main | November 2004 »