« ジャン=イヴ・ティボーデさん登場 | Main | アルプス交響曲って面白いと思ったけれど »

2004.07.23

エルガーとドヴォルザーク

26日早朝3時30分(日本時間)からのプロムス13で
今年3回目の登場となるBBC交響楽団
今回の指揮者は、前2回のレナード・スラトキンさんに代わって
名誉指揮者であるサー・アンドルー・ディヴィスさんです
プログラムは・・

1.エルガー/ヴァイオリン協奏曲(☆)
2.ドヴォルザーク/Mass in D major

ソリスト・・
☆Pinchas Zukerman (ヴァイオリン)
Rebecca Nash (soprano)
Louise Winter (mezzo-soprano)
Benjamin Hulett (tenor)
Neal Davies (bass)

BBC Symphony Chorus
BBC Symphony Orchestra
Sir Andrew Davis conductor

ズッカーマンさんは、好きなヴァイオリニストなので
楽しみです。
エルガーのヴァイオリン協奏曲は、まだ聞きなれてないのだけども
ズッカーマンさんとサー・アンドルー、
それとBBC交響楽団のバックアップがうまくいく事を期待して・・。
それからドヴォルザークの声楽曲は、正直よく分かりません
でもシンフォニー・コーラスは素晴らしいと思うので
それにまず期待してみたいと思っています。

再放送は、29日の午後10時からです。

|

« ジャン=イヴ・ティボーデさん登場 | Main | アルプス交響曲って面白いと思ったけれど »

プロムスです。」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/16765/1032444

Listed below are links to weblogs that reference エルガーとドヴォルザーク:

« ジャン=イヴ・ティボーデさん登場 | Main | アルプス交響曲って面白いと思ったけれど »