« バーンスタインの交響曲第一番 | Main | On the Transmigration of Souls »

2004.06.18

遅くなりましたが・・Finnish music特集の感想。

先週行われたBBC交響楽団のフィンランド音楽を
集中的に取り上げた特集の感想です。
特に印象に残った作品について・・
2作品。

一つ目は・・キンモ・ハコラさんのピアノ協奏曲
イギリス初演のものだったのですが
最初に強烈な音の波がやってきた作品で
正直かなりびっくりしました
自分は、そういう激しい作品は苦手だなと思うので。
もちろんそれだけでない作品だったので聞きとおせたのですが
ピアニストのNicolas Hodges さんの力強さが見えてくるような
物でした。
そのバックでBBC交響楽団も負けていないと思いましたが。

2つ目。。カイヤ・サーリアホさんの”Oltra Mar/Over the Sea
(海の上に)・・UK premiere

この曲は、BBC交響楽団の合唱団と言う素晴らしい
アンサンブルの声と打楽器がオーケストラサウンドと混ざり合って
美しい作品になっていたと思います。
私は、まだ声楽物が苦手です。でもシンフォニー・コーラスの
合唱の素晴らしさは、私の言葉では、たとえようのない素晴らしい
ものがあるとしか言えません・・。
日本語でないので彼らが歌ってる内容が正確にわからないのが
悲しいけれどでもひきつけてしまう力を持っているのです。
 またオーケストラもシンフォニー・コーラスと音が融合し
この曲を美しくしてるなと思ったものです。


・・まとめ・・
この2曲を始めとして先週末行われた
ユカ・ペッカ・サラステさん指揮のフィンランド音楽特集
とても楽しく聞くことが出来ました。
元々大好きだったシベリウスの交響曲第7番を始めとして。
一つのテーマの下に演奏する曲を選択して公演が行われるのは
素晴らしいものだなと思ったものです。
サラステさんとBBC交響楽団で是非フィンランド音楽の
CDがコマーシャルレコーディングされたら・いいな。

それから・・。
今シーズンの定期公演は、多分このフィンランド音楽特集で
終わりだと思います。
”メインオーケストラ”は、BBC交響楽団”が出演の
110年目のBBCプロムスの開幕までに
夏の音楽フェスティバルに出演することはあると思いますが。
プロムス期間中は、大変忙しいのだから休息を
今はとってもいいんじゃないのかなあ

|

« バーンスタインの交響曲第一番 | Main | On the Transmigration of Souls »

BBCsoネットライブの感想」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遅くなりましたが・・Finnish music特集の感想。:

« バーンスタインの交響曲第一番 | Main | On the Transmigration of Souls »