Main | February 2004 »

January 2004

2004.01.28

プライバシー・ポリシー

当ブログでは、クッキー(Cookie)又はWebビーコンと
呼ばれる技術を使用しているページがあります.
そのクッキーは、再びサイトやブログにアクセスした時に
便利なために使われていますが
クッキーを受け入れない設定にする事も可能です
ただし受け入れない場合正しく機能しない場合もあります

当ブログにおいて、クッキーを使用する場合は上記した他に
本ブログを利用する利用者数を計るために使用する場合があります。
掲載された広告についてもクッキーを使用する場合があります。

また
Webビーコン(クリアGIFと呼ばれることもあります。)は、
特定のページに何回のアクセスがなされたかを知るための技術です。

google プライバシーポリシー

|

2004.01.24

daniel hope

レコ芸を見ていたら3月に出る国内盤でイギリス人
ヴァイオリニスト ダニエル ホープがブリテンとベルクのヴァイオリン協奏曲を演奏するCDが出るそうだ・

ダニエル ホープのオフィシャル・サイトにリンクされてるワーナーの記事によると録音は、プロムスの開催中である8月の終わりにあったらしい。
指揮は、BBC交響楽団の前首席チェリスト
ポール ワトキンス・
ダニエル ホープのオフィシャル サイトへここはを
クリックしてくださいね
一番・・忙しいプロムスの開催中に録音したとは・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.11

アメリカンシンフォニー

B000056PRE.01.gif.JPEG

BBC交響楽団がレナード スラトキンと2000年6月に
ロンドンで録音された曲を聴きました。
この曲、映画”陽のあたる教室”で最後にかかってた 曲を
元に書かれた曲なのですがかなりいいです。
静かな曲調の所と盛り上がる所があって楽しく聞けるし、
ギターなどもあって面白く聞けるものだと感じています。  
ゲンダイ音楽としても分かりやすいではないでしょうか。  
それにしても・・。このアメリカン・シンフォニーを 書いたマイケル・ケイメンさんは
去年、心臓発作でなくなったのですが亡くなる年まで(結果的にですが)
多発性硬化症が発病していたそうです・・。
多発性硬化症です・
(私がクラシックを好きになったきっかけである
ジャクリーヌ・デュ・プレと同じ病気です)・。(><)
リーラ・ジョセフォヴィッツ(ソロ・ヴァイオリン)
マイケル・ケイメン(ソロ・イングリッシュ・ホルーン) サイモン・ミリガン(ピアノ) フィル・パーマー(ギター) アンドルー ニューマーク(ドラムス)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.10

BBC交響楽団のCDについて・・。

カテゴリーの説明
BBC交響楽団のCDやDVDの話題
全般について書きます
(新譜が出ますよーとかいい評価を受けたとか)
そういう事です。

でも”現在”のオケの話題が中心です
レジェンドレーベルがらみはほとんどスルーするかも
例外的に書く事もあるかもしれませんが

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.01.05

BBCsoファンブログを作ったきっかけ

(2019年3月15日、修正加筆)
私が初めてBBC交響楽団の演奏を耳にしたのは
2001年の8月の事だったと思います。
それは、衛星放送で再放送されていた
その前の年のBBCプロムスのラストナイトの模様だったんで
この模様はとても 楽しく私は、正直大変感動しました
そして特にBBC交響楽団の首席チェリスト
(Ms.susan monksのファンになったんです。
その頃は初めて耳にしたラストナイトの模様を
録画していたので何度も何度も再生しなおしていただけでした。
それから私は、2001年、2002年のBBCプロムスの
ラストナイトのコンサートの模様を欠かさず見ました
インターネットラジオで聞く事が出来るBBCラジオ3を通して
BBC交響楽団のコンサートも楽しみ
少しずつCDも買っているわけです。
首席チェリストの女性 Ms.susan monksさんの
演奏にひかれて聞き始めたんですが
オーケストラ全体の演奏にもひかれ、ファンブログを細々と続けています
   

Continue reading "BBCsoファンブログを作ったきっかけ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | February 2004 »